スナイプ先生

/ 12.09.2021 / Naoki

炎のゴブレット - 5. アルバス・ダンブルドア は母校の校長であり、卒業後、死喰い人として活動を開始してからは敵対陣営の首領として相まみえることになる。しかし自身がホッグズ・ヘッドで盗み聞きした「ヴォルデモートを斃す者に関する予言」を告げ口したために、思い人のリリーとその家族が殺される危険が発覚してからは、彼とひそかに接触を図り、最初はリリーひとりの保護を願うも、ダンブルドアに夫と息子の命を指摘されたあとはすぐにポッター一家の保護を願い出る。しかしその願いも空しくリリーとジェームズが死亡してからは、過去にリリーに対して犯した過ちを償い、そしてリリーの最期の願いを継ぐため、ハリーを命懸けで守り抜くことをダンブルドアに誓い、以後は闇の陣営と騎士団を行き来する二重スパイの危険な役目を負う。それからは戦局の要として行動し、ダンブルドアに忠実に尽くした結果、ダンブルドアと一定の信頼関係が生まれる。スネイプ自身、自分を心底信頼するようになったダンブルドアに恩義を感じていたため、いくら信頼されているからとは言え、自分を殺させる依頼を任されたときや、ハリーが迎えねばならない結末を知らされたときは、やり切れない怒りをあらわにする。.

スネイプが善人か悪人か、というのは難しい問題です。 年には、原作者のJ・K・ローリングが劇中でスネイプを殺害したことについての謝罪を述べるツイートしたところ、ファンの間でスネイプの擁護派と否定派がぶつかる事態に。 先述の通り、スネイプはシリーズ屈指の人気キャラクターではありますが、彼に対する「ハリーやハーマイオニーに対する扱いがひどい」、「自分勝手」などの否定的な意見があるのは否めません。 原作者のJ・K・ローリングは、スネイプはかなり「グレー」な人物で、悪魔でもなければ聖人でもない、といった趣旨のツイートをしたこともあります。 このように多面的な人物として描写されたところがスネイプの魅力の1つではありますが、それゆえにファン同士の争いは避けられないのかもしれませんね。.

春、スネイプは 禁じられた森 でダンブルドアに会い、 ダンブルドアとハリーの個人授業 について質問した。 ルビウス・ハグリッド が偶然聞いていたことには気づかず、スネイプはダンブルドアが自分よりもハリーを信頼していることに怒りを露わにした。 ロン・ウィーズリー に毒が盛られたことから、ダンブルドアはよりドラコに注意するように指示しただけであった。ダンブルドアはまた、夜にスネイプを 校長室 に招いた。ハリーは死ななければならないということを聞かされたスネイプは憤慨し、やがてリリーと同じ牝鹿の守護霊を召還して、これほどの時が経ってもまだ彼女を愛し続けていることを示した。. ホグワーツ卒業後は死喰い人に加わり、「 不死鳥の騎士団 」をスパイする任務を与えられていた。しかし、 シビル・トレローニー の予言をヴォルデモートに密告したため、ポッター家の命が狙われる。リリーの命だけは助けてほしいとダンブルドアに助けを求め、ヴォルデモートの陣営を密偵する 二重スパイ になる。しかし、 年 10月31日 にリリーは殺害される。リリーの死に絶望するスネイプに対し、ダンブルドアはリリーの遺志を継ぎ彼女の息子 ハリー を守るよう諭した。その後はダンブルドアの庇護下で魔法薬学の教授となり、スリザリンの寮監も兼任するようになる。.

ポリシー 簡易ガイド 翻訳と編集のポリシー 訳語対応表. リリーの記憶を慈しみたいという気持ちとは裏腹にスネイプはこの罰則を寛大すぎると考え、 グリフィンドールのクィディッチ・チーム の練習時間に スリザリンのクィディッチ・チーム が ホグワーツのクィディッチ・ピッチ を使用する許可を与えることで報復した。これは ドラコ・マルフォイ をチームの シーカー に育てるために必要なことであった。同年の後半、ハリー、ロン、ハーマイオニーはスネイプの貯蔵庫から ポリジュース薬 の材料を盗み出した。3人はスネイプの授業中に花火と ふくれ薬 を使って気をそらしその間に材料を盗んだ。スネイプのハリーを見る目から、スネイプがハリーを授業の妨害をしたと疑っていることは明らかであった。ハリーはスネイプに心を読まれたと感じており、スネイプが 開心術 を使用した可能性がある。しかしハリーがこれ以上校則を破った際に与えられる罰則は退学処分以外にないと言うことをダンブルドアがはっきりと申し渡したため、スネイプはこれ以上怒りを爆発させるわけにも行かず、リリーの息子を守るという意思を続けるしかなかった。.

DC ? [ 4] .

  • ホグワーツ特急でリリー・エヴァンス、 ジェームズ・ポッター 、 シリウス・ブラック と同じコンパートメントに乗り合わせる。リリーにスリザリン入寮を薦めるなか、ジェームズから「スリザリンに入るくらいなら自分は退学する」と口出しされたことで彼と険悪な関係になる。入学後、必然的にジェームズの友人である リーマス・ルーピン 、 ピーター・ペティグリュー とも仲が悪くなり、とくにジェームズとシリウスから悪質な悪戯を受けた。また、ルーピンの弱みを握ってジェームズを退学に追い込もうと嗅ぎ回っていたときに、シリウスの入れ知恵で人狼になったルーピンのもとに向かい危険な目に遭うが、ジェームズに引き戻されて命を助けられるという出来事もあった。.
  • スネイプはリリー以外の全ての人に冷徹であったが、リリーやハリー以外の他の人に気遣いできることを示した。彼は秘密裏にホグワーツ生を気遣い、危害が及ばないように裏で働いた。 ローワン・カナ が パトリシア・レークピック に殺された際には彼の死を心から悼んだ。.

1. セブルス・スネイプと、初恋の人・リリーとの出会い

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 賢者の石 - 2. スネイプは熟練した魔法使いでもあり、様々な 魔法 分野で完璧とも言える技術を持っていた。また、魔法使いとしては珍しく分析的な思考や鋭い判断力を持っており、知的で計算力があり、戦略的であった。と同時に スリザリン 以外の生徒には憎しみとも言える感情を持っておるように見えたかなりの人間不信だった。スネイプは魔法力と言った曖昧なものよりも、論理性や狡猾さを重視したのである。.

悪戯仕掛け人 まろーだーず. 試合後の夜、スネイプは 禁じられた森 でクィレルと対峙した。彼はなぜ賢者の石を狙うのかとクィレルに訊ねた。ふたりとも気づいていなかったが、このときの口論をハリーは木陰から見ていた。しかしハリーはスネイプが石を狙っていると誤解していたため、スネイプがクィレルを脅し停止を奪おうとしているのだと考えた。ハリー、 ロン・ウィーズリー 、ハーマイオニーはクィレルの見方となり、生徒が彼のどもりを笑ったときにはやめるように注意し、通りかかったときやスネイプと口論しているときには微笑みかけるようになった。. ホグワーツに到着すると、 組分け帽子 はスネイプを スリザリン に、リリーを グリフィンドール に 組分け した。ふたりは数年間友人関係を保ったが、やがてスネイプが 闇の魔術 に傾倒し、リリーが 時雨 佐世保バーガー に惹かれるようになると疎遠になった。スネイプが思わずリリーを侮辱したときにふたりの友情は完全に崩壊した。決別とジェームズ・ポッターへの憎しみにもかかわらず、スネイプは生涯にわたってリリーを強く愛し続けた。.

ハリーポッターのスネイプ先生の正体に迫る!過去や最後は?

偽物の剣が校長室に戻されると、 ネビル・ロングボトム 、 ルーナ・ラブグッド 、 ジニー・ウィーズリー たちが盗み出そうと試みた。罰則として彼らを ルビウス・ハグリッド とともに 禁じられた森 に送り込んだスネイプは、偽の剣を ベラトリックス・レストレンジ に渡した。レストレンジは本物の剣だと信じて グリンゴッツ魔法銀行 の金庫に保管した。. プロジェクト ハリー・ポッターシリーズ. リリーとは 幼馴染 。美人で魔力のあるリリーに心惹かれていた。決別後もリリーを愛し続け、彼女の結婚後も死後もその愛情が変わることはなく、ポッター家の写真のリリー部分だけ切り取ったり、リリーがシリウスに宛てた手紙の「愛を込めて リリー」の部分のみ保管していたほどである。スネイプの守護霊はリリーと同じ牝鹿であり、その様子にダンブルドアは涙を流す。.

: Severus Snape JK スナイプ先生. Severus Snape Salazar Slytherin .

ハリーポッターのスネイプ先生とは?

ギルデロイ・ロックハート ぎるでろいろっくはーと. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生. 土師孝也 映画版吹き替え / 茶風林 ゲーム版. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

Severus Snape Salazar スナイプ先生. AppearancesAreDeceiving pic. [ 1] .

ヒロアカのスナイプ先生はかっこいい狙撃ヒーロー

スネイプの校長就任を報じる「 日刊予言者新聞 」. リリーの死によって絶望したスネイプですが、ダンブルドアは彼女の息子であるハリーを守るよう諭します。しかし成長したハリーがホグワーツに入学したとき、彼に嫌悪感を抱いてしまいます。というのも、彼の外見はスネイプにとって憎き存在であるジェームズにそっくり。 抑えきれない嫌悪感を持ちながらも、リリーの忘れ形見を守るというダンブルドアとの誓いのもと、影ではハリーを助けていました。 最愛の人の息子でありながら、最悪の敵の息子でもあるハリーは、スネイプにとって愛憎入り交じる存在です。 普段の学校生活ではハリーを憎んでいるからか、ハリーやロン、ネビルなどグリフィンドール生につらくあたるスネイプ。一方でマルフォイを始めとするスリザリン生には優しい態度で接しています。ハーマイオニーの挙手は無視、露骨なネビルいじめ、ロンやハリーへの減点に罰則。 一方でスリザリンには加点、彼らの悪事は無視。ハリーの「味方」ではありながらも「嫌い」。この気持ちがスリザリンびいきにつながっているのでしょう。.

ハリーの クィディッチ デビュー試合において、箒に ジンクス をかけてクィレルが初めてハリーの命を狙ったとき、スネイプは少年が箒から振り落とされないように 反対呪文 を唱えてまたも妨害した。双眼鏡で状況を観察していた ハーマイオニー・グレンジャー は反対呪文を一心に唱えるスネイプの姿に気づき、不運にもハリーにジンクスをかけているのはスネイプだと誤解した。ハーマイオニーはスネイプに忍び寄りジンクスを妨害するために 火を起こす呪文 を唱えてスネイプのローブに火を放った。ハーマイオニーは急いでグリフィンドールの席に戻る途中にクィレルに偶然ぶつかった。呪文をかけ続けるために必要な目線がハリーからそれたため、クィレルの魔法は解かれることとなった。次の試合においては、同じことが起きないようスネイプは審判の役をすると主張して譲らなかった。スネイプが グリフィンドールのクィディッチ・チーム を負けさせようとしていると考えた他の教員たちはこれを快く思わなかった。.

ダンブルドアとともに 分霊箱 捜索に出発する前、ハリーは シビル・トレローニー 教授から、 予言 を盗み聞きしてヴォルデモートに伝えたのはスネイプであったのだと知らされた。そのせいでヴォルデモートがハリーの両親を殺す結果になったのであった。この情報とハリーの怒りにもかかわらず、ダンブルドアはスネイプを信用していると答えた。 スリザリンのロケット を手にしてホグワーツに戻ると、ハリーとダンブルドアは 天文台の塔 まで 飛んだ 。学校が 死喰い人 に襲撃される中、ヴォルデモートの毒で衰弱したダンブルドアはスネイプを読んでくるようにとハリーに言いつけた。しかしハリーが立ち去る前にドラコが現れ、ヴォルデモートからの任務を達成するためにダンブルドアを 武装解除 した。ドラコはダンブルドアを殺すことができなかったが、代わりにスネイプが実行した。.

: Severus Snape JK .

その他の: