文庫 ミステリー

/ 30.08.2021 / Kumi

加納朋子 「生きた証拠」 ? モナドの領域 posted with ヨメレバ.

渡辺容子 「命日の恋」 ? 深緑野分「戦場のコックたち」 小池真理子 「最後の花束」 小説新潮 最早ミステリーの古典といっていい小説ですが、いまだ名作と言われるだけあって、今読んでも古さをあまり感じない作品だと思います。童謡の歌詞通りに人が殺されてゆくという手法の元祖は彼女ではありませんが ヴァン・ダインの「僧正殺人事件」が元祖と言われています 、それを更に発展させ、洗練したのは間違いなくこの作品と言ってよいのではないでしょうか。隔絶された場所に主要人物を集めた上で、一人ずつ殺されてゆくといったモチーフは、今日ミステリーではおなじみのシチュエーションだったりしますが、最後の最後で判明する意外な犯人といい、その舞台装置の使い方の巧さといい、流石はミステリーの女王と呼ばれたクリスティー女史の代表作のひとつと呼ばれるだけの作品ですので、一度は読んでおいて損はないと思います。(50代女性).

咆哮 定価:円(税込) 著/ アンドレアス・フェーア 訳/ 酒寄進一.

「 文庫翻訳ミステリー・ベスト10 (講談社文庫) 」 一覧

今邑彩 「プラットホームのカオス」 ? 恩田陸「Q&A」 ミステリー小説恩田陸「Q&A」がおすすめの理由 東野圭吾「マスカレード・ホテル」 8. 大谷羊太郎 「三分のドラマ」 小説推理 新章文子 「冷えた茶」 別冊小説新潮

  • 陳舜臣 「ねじれた部屋」 推理ストーリー
  • 浅川純 「くせ」 小説non 西村京太郎 「真夜中の殺意」 小説現代

posted with .

ハヤカワ・ミステリ文庫

東野圭吾「プラチナデータ」 ミステリー小説東野圭吾「プラチナデータ」がおすすめの理由 山田正紀 「わざわざの鎖」 ? 子供を大金を払ってレンタルで借りる事ができます。 でも レンタルした子供に異常がみられるようになっていきます。 非日常の作品ですが 現実に起こっても、おかしくないストーリーで読んでいてとてもドキドキしてしまいます。(40代女性). 浅田次郎「椿山課長の七日間」

posted with .

無料で読める青空文庫のおすすめ名作6選|短編

ウィングフィールド「フロスト始末」 神永学「心霊探偵八雲 裁きの塔」 ミステリー小説神永学「心霊探偵八雲 裁きの塔」がおすすめの理由 中津文彦 「240号室の男」 ミステリマガジン 都筑道夫 「遠眼鏡の中の女」 オール讀物 レンタル・チルドレン 幻冬舎文庫 posted with ヨメレバ.

posted with. posted with !

湊かなえ「Nのために」 目次 ミステリー小説おすすめ 1. 乃南アサ 「帰らざる旅」 オール讀物 神永学「心霊探偵八雲10 魂の道標」 ミステリー小説神永学「心霊探偵八雲10 魂の道標」がおすすめの理由

posted with .

その他の: