ナルト 扉間 卑劣

/ 29.08.2021 / Mamiko

千手扉間 とは、 漫画 『 NARUTO 』に登場する キャラクター である。 愛 称は「二代 目 」「卑劣様」など。. まだ碌に設定もない頃の アニメオリジナル忍具。「二代目火影が使用した」という触れ込みなので記述する。 刀身のない三鈷剣のような形状をしており、構えると どっかで聞いたようなSEと共に光の刃が形成される 。 殆ど消耗もなく 千鳥 並みの威力を発揮し、また単純な破壊ではなくスタンガンのように使うこともできる。 非常に強力だが、千鳥と 螺旋丸 を何度も立て続けに受けたために折れてしまった。. 長きに渡る抗争を繰り広げた過去からか、柱間からは晩年に「うちはを蔑ろにするな」と釘を刺されており、 その言葉に従い、里の治安維持を一手に担う警務部隊を創設、これをうちは一族の独占業務とすることで信頼の証とした。.

木の葉隠れの里の二代 目 火影であり、初代火影 千手柱間 の 弟 。 弟 子には、 三代目火影 の 猿飛ヒルゼン や根の リーダー の 志村ダンゾウ などがいる。. まだ碌に設定もない頃の アニメオリジナル忍具。「二代目火影が使用した」という触れ込みなので記述する。 刀身のない三鈷剣のような形状をしており、構えると どっかで聞いたようなSEと共に光の刃が形成される 。 殆ど消耗もなく 千鳥 並みの威力を発揮し、また単純な破壊ではなくスタンガンのように使うこともできる。 非常に強力だが、千鳥と 螺旋丸 を何度も立て続けに受けたために折れてしまった。.

所属: 木ノ葉隠れ 役職:火影 年齢:不明(推定享年60歳) 身長: 個人の戦闘力も高く、頭も切れ、協調性もあり、さすがに柱間ほどではないがカリスマにも優れると総じて万能の人であり、 「NO. 初代火影 である 千手柱間 の弟で、兄の死後は 二代目火影 に就任する。 猿飛ヒルゼン 、 志村ダンゾウ ら 扉間小隊 は彼の直属の部下にして弟子。 飛雷神の術 を筆頭とした時空間忍術に長けていた他、性質変化も陰陽遁含めた全属性を使い、特に水遁系の術と剣術を得意とした。更に飛雷神のみならず、 影分身 や 穢土転生 など数多の術を開発し禁術に指定するなど、術の発明家としても大きな功績を残した。 黎明期の木の葉の里において、兄を支えつつ後の繁栄の基盤作りに尽力するなど、 火影 の為政者としての面でも多大な影響を残している。 多くの側面で、理想主義的な 魔法 少女 育成 計画 スノー ホワイト とは対照的な 合理主義者 として描かれている。.

対マダラに使用した水遁で出来た含み針。無音かつノーモーションで素早く放てる。 作中の描写から印を結んだりチャクラを練る事ができなくても使える手軽で効率的な術で、大質量の水を扱い圧倒する 鬼鮫 とはやはり対照的である。 サスケ の援護に使われるも、マダラには スサノオ で防がれた。 しかし、わざわざマダラがスサノオで防ぐあたり、よほど警戒されていたと伺える。.

  • 自他共に非常に厳格な人物。 目標に対しては情熱的に突き進んでいく性格だが、同時に徹底した合理主義者であり、里のためなら非情な手段も辞さない リアリスト 。 実力は確かだが甘い部分が目立つ兄 柱間 を右腕あるいは参謀役として補佐してきた。 対照的に思える2人だが、幼い 弟2人 を戦いの中で失っており、争いのない平和な世を目指すという理想は兄と同様のものを持っている。 そのため幼少期には、敵討ちに固執する自身の父親 千手仏間 を含めた大人たちを「バカ」と蔑んでいた。 後述の「卑劣」発言から、 鬼畜 かつ情け容赦のない男というイメージを持たれがちだが、忍という性質を考えれば扉間の徹底して合理的な思想と行動理念は忍者としては当然、ある意味では忍の王道とも言える人物である。 何よりも里を第一に据えており、里のためには自身をも犠牲にすることも厭わない。しかし教え子の ダンゾウ とは異なり覚悟や能力の足りぬ者にその犠牲を強いる事はない。 性格的には殆ど物怖じしないタイプであり、本物の 六道仙人 の登場に歴代の 火影 たちが動揺している中で一人「 助言を頂けるならもっと早くにしてほしかったですね 」と忍の祖に嫌みを言い放つような胆力の持ち主。 ちなみに、現在のような細かい人物像が明らかになる前に出版された「闘の書」では、 「荒ぶる闘志!初代の遺志継ぐ烈火の男!」 と紹介されており、若干現在のイメージと異なる部分もあるが情熱的な人物である事は変わりない。.
  • 千手兄弟 せんじゅきょうだい. 自他共に非常に厳格な人物。 目標に対しては情熱的に突き進んでいく性格だが、同時に徹底した合理主義者であり、里のためなら非情な手段も辞さない リアリスト 。 実力は確かだが甘い部分が目立つ兄 柱間 を右腕あるいは参謀役として補佐してきた。 対照的に思える2人だが、幼い 弟2人 を戦いの中で失っており、争いのない平和な世を目指すという理想は兄と同様のものを持っている。 そのため幼少期には、敵討ちに固執する自身の父親 千手仏間 を含めた大人たちを「バカ」と蔑んでいた。 後述の「卑劣」発言から、 鬼畜 かつ情け容赦のない男というイメージを持たれがちだが、忍という性質を考えれば扉間の徹底して合理的な思想と行動理念は忍者としては当然、ある意味では忍の王道とも言える人物である。 何よりも里を第一に据えており、里のためには自身をも犠牲にすることも厭わない。しかし教え子の ダンゾウ とは異なり覚悟や能力の足りぬ者にその犠牲を強いる事はない。 性格的には殆ど物怖じしないタイプであり、本物の 六道仙人 の登場に歴代の 火影 たちが動揺している中で一人「 助言を頂けるならもっと早くにしてほしかったですね 」と忍の祖に嫌みを言い放つような胆力の持ち主。 ちなみに、現在のような細かい人物像が明らかになる前に出版された「闘の書」では、 「荒ぶる闘志!初代の遺志継ぐ烈火の男!」 と紹介されており、若干現在のイメージと異なる部分もあるが情熱的な人物である事は変わりない。.

これは二代目火影の卑劣な概要だ

ゲームでは高速移動攻撃に使われているが、これは「マーカー目掛けて空間を飛び越える」術なので、瞬身の術と違い移動中には攻撃できない。 波風ミナト に受け継がれており、第四次忍界大戦において使い手としてはミナトの方が上手であることを自ら認めている。 さらに他にも使い手は存在するが、複数人での連携でないと発動できない等不完全で、単独で自由自在に飛べるほどの使い手は扉間本人とミナトの2人しかいない。. まだ碌に設定もない頃の アニメオリジナル忍具。「二代目火影が使用した」という触れ込みなので記述する。 刀身のない三鈷剣のような形状をしており、構えると どっかで聞いたようなSEと共に光の刃が形成される 。 殆ど消耗もなく 千鳥 並みの威力を発揮し、また単純な破壊ではなくスタンガンのように使うこともできる。 非常に強力だが、千鳥と 螺旋丸 を何度も立て続けに受けたために折れてしまった。. その後、 オビト と マダラ 、 十尾 のいる戦場に合流。 主にナルト、サスケ、ミナトのバックアップに回っており、彼らのツッコミ役と術の解説役も務める。 ナルトに対しては「馬鹿」と評しつつもその人格や実力を認め、 馬鹿なとこも含めて 兄の姿を重ねる場面も。.

そうした個人としての高い能力の一方、協調性やサポート力も非常に高く、劇中では オビト の弱点を見破り、即座にナルトの行動を補助。オビト攻略の切っ掛けを作った。 オビトの攻撃を受けたミナトが、いくらでも再生するはずの穢土転生体なのに腕を再生できない事に気づいた際、オビトが「お前らの常識では測れはせんぞ!」と言い放った 2秒後 に陰陽遁ベースの「忍術そのものを無に帰す性質」である事を看破するなど非常に鋭い。 また、口寄せのガマ吉の水飴鉄砲だけ無効化ではなく求道玉で物理的に防いでいたのを見ただけで「仙術攻撃のみ無効化できない」事を見抜き、同様に見抜いて仙術螺旋丸を発動させていたナルトの背後に何も言わずにサポートに回っている。. 対マダラに使用した水遁で出来た含み針。無音かつノーモーションで素早く放てる。 作中の描写から印を結んだりチャクラを練る事ができなくても使える手軽で効率的な術で、大質量の水を扱い圧倒する 鬼鮫 とはやはり対照的である。 サスケ の援護に使われるも、マダラには スサノオ で防がれた。 しかし、わざわざマダラがスサノオで防ぐあたり、よほど警戒されていたと伺える。.

大蛇丸 によって 穢土転生 され、 三代目火影 ヒル ゼンと戦った時に使った 水 遁を見て、木の葉暗部が「 水 の 無 い所でこの レベル の 水 遁を…!」と 驚愕 しており、 水 遁の威 力 を強調する描写があった。.

  • 目次 [ 非表示 ]. まだ碌に設定もない頃の アニメオリジナル忍具。「二代目火影が使用した」という触れ込みなので記述する。 刀身のない三鈷剣のような形状をしており、構えると どっかで聞いたようなSEと共に光の刃が形成される 。 殆ど消耗もなく 千鳥 並みの威力を発揮し、また単純な破壊ではなくスタンガンのように使うこともできる。 非常に強力だが、千鳥と 螺旋丸 を何度も立て続けに受けたために折れてしまった。.
  • そんな訳で、卑劣様の使う 忍術 は「 卑遁 」、卑劣様の持つ意志は「 卑の意志 」などと言われる。 ナルトス で作られる二代 目 火影関 連コ ラも、卑劣様の 卑劣 な所業をまとめたものが多い。.

CV - .

ウラシキの能力は?弱い?色々調べてみた【ボルト】

その後、ハゴロモが呼び寄せた歴代五影と協力してナルト逹を口寄せで異空間から連れ戻す事に成功。 ようやくマダラとの決着がついた事に安堵しつつ、最後は後の世代に後のことを託して昇天した。. 扉間が開発した術の一つ。 詳細は こちら を参照。. 扉間が開発し、大蛇丸が完成させた、作中最凶最悪と名高い禁術。 生け贄を使って死者をこの世に呼び戻し、操る。第一次忍界大戦~第二次忍界大戦初期において、情報収集と攻撃を両立するために開発した(柱間の反対意見は一蹴した模様)。 術の開発者である扉間を操ることは通常不可能だが、影クラスの実力を持つ大蛇丸が一度目は精度を落とし、二度目は柱間細胞を取り込んだことであっさり操られてしまった。 詳細は こちら を参照。.

…… ……  .

【鬼滅の刃】水の呼吸 拾壱ノ型 凪 が強すぎる 水の呼吸まとめ

扉間「大人達はバカだ。戦いをなくしたいなら、敵と協定を結び戦いをやめればいい」 マジラブ1000 空耳 扉間「そんなこと言ってると、お前も死ぬぞ。お前も大人も、熱くなりすぎだ」   「これからの忍は感情を抑え、きっちりルールを作って、それに則って余計な争いを避けていけばいいんだ」. ダンゾウの回想で描かれたおそらく生前最後の姿は柱間存命の頃とほぼ変わらず、享年は不明。 ただ同世代のうちはイズナが24歳で戦死し、扉間が死んだのがそれからおおよそ36年後なので、おそらく60歳前後だったと思われる。. 自他共に非常に厳格な人物。 目標に対しては情熱的に突き進んでいく性格だが、同時に徹底した合理主義者であり、里のためなら非情な手段も辞さない リアリスト 。 実力は確かだが甘い部分が目立つ兄 柱間 を右腕あるいは参謀役として補佐してきた。 対照的に思える2人だが、幼い 弟2人 を戦いの中で失っており、争いのない平和な世を目指すという理想は兄と同様のものを持っている。 そのため幼少期には、敵討ちに固執する自身の父親 千手仏間 を含めた大人たちを「バカ」と蔑んでいた。 後述の「卑劣」発言から、 鬼畜 かつ情け容赦のない男というイメージを持たれがちだが、忍という性質を考えれば扉間の徹底して合理的な思想と行動理念は忍者としては当然、ある意味では忍の王道とも言える人物である。 何よりも里を第一に据えており、里のためには自身をも犠牲にすることも厭わない。しかし教え子の ダンゾウ とは異なり覚悟や能力の足りぬ者にその犠牲を強いる事はない。 性格的には殆ど物怖じしないタイプであり、本物の 六道仙人 の登場に歴代の 火影 たちが動揺している中で一人「 助言を頂けるならもっと早くにしてほしかったですね 」と忍の祖に嫌みを言い放つような胆力の持ち主。 ちなみに、現在のような細かい人物像が明らかになる前に出版された「闘の書」では、 「荒ぶる闘志!初代の遺志継ぐ烈火の男!」 と紹介されており、若干現在のイメージと異なる部分もあるが情熱的な人物である事は変わりない。.

これらの事情から、 機械龍 使い道 較の方法が間違っているのでは、という 声 も強い。.

243660. FE OCG ! CV - .

しかし彼の最大の武器は、その 極めて合理的かつ容赦のない思考回路 である。 他の水遁使いが「膨大な質量」や「勢い、範囲」を重視した水遁を用いるのに対し、扉間の水遁(のみならず彼の術全般)は、 「いかに効率的に敵を殺すのか」 という点を重視している。薙ぎ払うようにして神樹を斬った水断波や、チャクラも練れず印も結べない状況でも放てる天泣などがそうである。 桂 攘夷がjoy. 元は 回想 での登場が 主 だった頃の コラ画像 中心の ネタ だったが、 本編 で復活して以降はその活躍で大いに 株 を上げる一方、その戦術と言動の数々でさらに「 卑劣 」の 風 評が加速し、「卑劣様」の印 象 が全然覆らないどころか 活躍すればするほど強まる ペルソナ3 タナトス 弱い. この政策はうちはを里の中枢から遠ざけると同時に、一族を一纏めに里の監視下に置くためのものでもあったため、 うちはの性質を知らない大蛇丸には、 「里の治安維持を行う警務部隊は同胞を取り締まる嫌われ者になりやすく、うちは一族の居住地を刑務所と同じ地域にしたことがうちはのマダラシンパの活動を助長させた」 とその点を批判されたが、 うちはを里の政治から遠ざけたのは、綺麗事だけでは罷り通らない世界に触れて 写輪眼 が開眼・成長 =闇落ち してしまうのを防ぐ目的もあった 政治から遠ざけても忍びとしての任務を行うなら意味はないが 。.

上忍時代からの部下。恐らく雲隠れのクーデターの一件で共に戦死したと思われる。 ちなみに子孫(恐らく孫)がうちはシスイ。 人物像は不明だが、扉間の言葉から推察するに、イタチや子孫のシスイ同様、一族の枠にとらわれず里に尽くす人物であったと思われる。.

その他の: