ハイキュー エースへのトス

/ 04.10.2021 / Takiyo

OPが終わり、西谷のルート。 「手のひら一枚…厚さ約2? 澤村「全くお前は…デカイ図体して相変わらずへなちょこだな。西谷と対局にも程がある!安心しろ。スガはもちろん西谷も問題ない。お前と違って懐が深いからな」 旭「もう少し言葉をオブラートに包めよ…お前って、基本優しいキャラじゃなかったか?」 澤村「お前は対象外だ。1カ月もサボッた事とか、なんか色々気まずいとか来辛いとかそういうの関係ないからな。まだバレーが好きかもしれないなら戻ってくる理由には十分だ」 そう告げて旭の脇腹を思い切りパンチする澤村。いつもの穏やかな主将の顔とは違い、気の置けない仲間の旭に対しては容赦ないようだ。 -鵜飼陥落- 澤村と旭がそんな会話をしていた頃、バレー部顧問の武田先生は学校近所にある坂ノ下商店に足を運んでいた。 鵜飼「…またコーチの話かよ?」  武田「はい」 鵜飼「俺は今でもプレーするのが好きなんだ。町内会にチームだって作ってる。コーチなんてやったらムズムズしそうで嫌だ。それに、あの体育館には行きたくない。あそこには青春が詰まってる。でも、もうあそこは俺がいた場所とは別モンなんだ。体育館とか部室が変らなくても俺があの空間に戻ることは絶対に出来ない…」 烏野の体育館が好きだからこそ戻りたくないと主張する鵜飼。そんな鵜飼に対し、武田は切り札を口にした。 武田「音駒高校が来るとしても?」 鵜飼「ッ!」 武田「GW最終日、ウチと5年ぶりの練習試合です」 鵜飼「なんで…今…?」 武田「向うは鵜飼監督と親交の深かった猫又監督が最近復帰されたそうです。それを聞いて練習試合をお願いしてみたんです。鵜飼君たちの時代は一番音駒と交流が深かった時期じゃないですか?」 鵜飼「…ああ…」 武田「…そういえば7・8年前音駒でセッターだった方が今コーチをされてるそうですよ。丁度鵜飼君が現役の頃だから、もしかしたら顔見知りかもしれないですね」 武田先生がそこまで言うと、いきなり鵜飼が掴み掛かってきた。 鵜飼「オイ、煽ってんのかてめえぇぇぇっ!!

苦しい もう止まってしまいたい そう思った瞬間からの 一歩. スパイクが… スパイクが打てるのはトスがあがるから… トスがあがるのは、そこへ繋ぐレシーブがあるから… そのスパイクを打つのだって、俺だけじゃない。 みんながそれぞれの仕事をしていたのに、俺は… 「すがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!もう一本!!!」. これが元で西谷は1週間の停学と1カ月間の部活動禁止の処分を受けたのだった。 そして、再びコートに立った今、旭の脳内には数か月前西谷に言われた言葉が蘇っていた。 『アンタはまたスパイク決めたいって思わないのかよ!』 あの時は答えられなかった本当の想い。けれど、今なら素直に言える。 旭「…思うよ」 西谷「?」 サスケ 涙 イタチ 答えを貰えた西谷は静に返す。 西谷「…それならいいです」 旭「え?」 西谷「それが聞ければ十分です」 穏やかに笑った西谷の顔が次の瞬間一変した。前を向き、深く息を吸い、集中力を高める。緊張感を身にまといボールの動きに全神経を費やす。.

掌約1枚。厚さ約2センチ。おそらく同年代と比べても一回り小さい手。ボールと床の間約2センチがエースの命を繋いだのだ。 人並み外れた集中力と反応速度がなければ出来ない奇跡的なファインプレー。西谷が謹慎中ひたすらブロックフォローの練習をしていたと聞いていた田中は敵チームながら「ノヤッさんカッコイイ」と涙を流し感動した。 西谷 壁に跳ね返されたボールも、俺が繋いでみせるから… だから… 西谷「 だから、もう1回トスを呼んでくれ!エースッッッ!!!

引用をストックできませんでした。再度お試しください チャアク使い方. ほんの一瞬でもスピードを緩めれば、取り返せない遅れになる。 俺の身長でほんの少しジャンプの力を抜けば、高い壁に叩き落とされるっ! 走れ!走れ!! 跳べ!跳べ!! ここにいたければっ!.

10. vs ….   10     ……   …   OP …. … …… ….

こんにちは 此花 このはな です。 今回は、ハイキュー!の第10話「憧れ」の感想を書きたいと思います。 第10話は、日向のエースへの憧れのお話でした。 さて、本編へ行きましょうか。 前回でもやった旭 あさひ さんのトスを呼ぶ声に反応して、 菅原さんがトスを上げ、スパイクを打つシーンからのスタートです! 旭 あさひ さんがスパイクを打ち、見事に決まる! 部員それぞれが、繋いだボールを旭 あさひ さんが打った。 それぞれの反応をする4人。 「うひょ〜、凄い音!ドゴゴゴって」 何その表現 笑 武田先生 やっぱり旭 あさひ さんのスパイク凄い!すごい音だったしね。 「ナイス!ナイス旭 あさひ ! 西谷も!」 本当によかったね。菅原さん! 「おまえらも、ナイストス!菅 すが 。 西谷も、ナイスレシーブ!」 そんな旭 あさひ さんの言葉に二人は 笑顔になるのだった。 うわぁぁ、よかったね。二人とも。本当によかった。 「あれが……あれが、エース。」 そうだ日向は、旭 あさひ さんのスパイクを初めて見るんだよね! そりゃ魅せられるか。 「おい! エース見たい見たいって言っただろうが!ビビってんじゃねぇぞ!」 「ビビってねぇよ!」 影山くん、それはビビっているというより、魅せられていたみたいな感じじゃ…・・? 「あんな風に身長もパワーもないけど、俺だって戦える!  次は俺の番だ!」 日向、そのいきだ!いけ! OPが終わり、西谷のルート。 「手のひら一枚…厚さ約2?
  • てめえ一人で戦ってるつもりか冗談じゃねえぞボゲェッ てめーの出来が= イコール チームの出来だなんて思い上がってんならぶん殴るぞ! 1対1で牛島に勝てる奴なんか北一にはいねえよ!!
  • 西谷の魂込めた叫びが旭の心に響く。西谷の繋いだボールは菅原へ。しかし、まだ菅原の心には迷いがあった。 菅原 どうする…誰に上げる…もう一回旭に上げて止められたら… そんな菅原の迷いに気付いた影山がネットの向こう側で叫んだ。 影山「菅原さんっ!」 菅原 影山…? 影山「もう1回!決まるまでっ!! 澤村「全くお前は…デカイ図体して相変わらずへなちょこだな。西谷と対局にも程がある!安心しろ。スガはもちろん西谷も問題ない。お前と違って懐が深いからな」 旭「もう少し言葉をオブラートに包めよ…お前って、基本優しいキャラじゃなかったか?」 澤村「お前は対象外だ。1カ月もサボッた事とか、なんか色々気まずいとか来辛いとかそういうの関係ないからな。まだバレーが好きかもしれないなら戻ってくる理由には十分だ」 そう告げて旭の脇腹を思い切りパンチする澤村。いつもの穏やかな主将の顔とは違い、気の置けない仲間の旭に対しては容赦ないようだ。 -鵜飼陥落- 澤村と旭がそんな会話をしていた頃、バレー部顧問の武田先生は学校近所にある坂ノ下商店に足を運んでいた。 鵜飼「…またコーチの話かよ?」  武田「はい」 鵜飼「俺は今でもプレーするのが好きなんだ。町内会にチームだって作ってる。コーチなんてやったらムズムズしそうで嫌だ。それに、あの体育館には行きたくない。あそこには青春が詰まってる。でも、もうあそこは俺がいた場所とは別モンなんだ。体育館とか部室が変らなくても俺があの空間に戻ることは絶対に出来ない…」 烏野の体育館が好きだからこそ戻りたくないと主張する鵜飼。そんな鵜飼に対し、武田は切り札を口にした。 武田「音駒高校が来るとしても?」 鵜飼「ッ!」 武田「GW最終日、ウチと5年ぶりの練習試合です」 鵜飼「なんで…今…?」 武田「向うは鵜飼監督と親交の深かった猫又監督が最近復帰されたそうです。それを聞いて練習試合をお願いしてみたんです。鵜飼君たちの時代は一番音駒と交流が深かった時期じゃないですか?」 鵜飼「…ああ…」 武田「…そういえば7・8年前音駒でセッターだった方が今コーチをされてるそうですよ。丁度鵜飼君が現役の頃だから、もしかしたら顔見知りかもしれないですね」 武田先生がそこまで言うと、いきなり鵜飼が掴み掛かってきた。 鵜飼「オイ、煽ってんのかてめえぇぇぇっ!!

木兎光太郎のエースの心得とは?実力も紹介

つまづいて心折れそうになって 自分の弱さ確かめてまた誰かに優しくなれるのさ. 蔑ろにしてもやらずには居れん奴らやねん 喉から血ぃ出ても走りたくてしゃあない奴らやねん 世の中敵わんと思う人達はいっぱい居って そういう相手をすごいなあと思うのは当然だ 「突っ走れる」ことは才能やと思うし あいつらをなんと呼んだってええねん 天才 は悪口やないしな けどあいつらのことを 「最初から優秀」 なんやと思うことは勝負するまでもなく負けとるちゅうことだし 失礼やと思うねん.

会った瞬間に誰かと意気投合する 好きな物も意見も同じ 旧友のような安心感 それは運命か盗聴器を仕込まれたかどちらかだ. ハリポタ トムリドル pixiv ピグ アメブロ. 拭いきれない悲しみの雨に傘を 鋭った心にやわらかな毛布を 冷たい壁には君の絵を 無名のランナーに声援の追い風を 群れにはぐれた羊にママの居場所を 愛する人に疑いなき祈りを.

こんにちは 此花 このはな です。 今回は、ハイキュー!の第10話「憧れ」の感想を書きたいと思います。 第10話は、日向のエースへの憧れのお話でした。 さて、本編へ行きましょうか。 前回でもやった旭 あさひ さんのトスを呼ぶ声に反応して、 菅原さんがトスを上げ、スパイクを打つシーンからのスタートです! 旭 あさひ さんがスパイクを打ち、見事に決まる! 部員それぞれが、繋いだボールを旭 あさひ さんが打った。 それぞれの反応をする4人。 「うひょ〜、凄い音!ドゴゴゴって」 何その表現 笑 武田先生 やっぱり旭 あさひ さんのスパイク凄い!すごい音だったしね。 「ナイス!ナイス旭 あさひ ! 西谷も!」 本当によかったね。菅原さん! 「おまえらも、ナイストス!菅 すが 。 西谷も、ナイスレシーブ!」 そんな旭 あさひ さんの言葉に二人は 笑顔になるのだった。 うわぁぁ、よかったね。二人とも。本当によかった。 「あれが……あれが、エース。」 そうだ日向は、旭 あさひ さんのスパイクを初めて見るんだよね! そりゃ魅せられるか。 「おい! エース見たい見たいって言っただろうが!ビビってんじゃねぇぞ!」 「ビビってねぇよ!」 影山くん、それはビビっているというより、魅せられていたみたいな感じじゃ…・・? 「あんな風に身長もパワーもないけど、俺だって戦える!  次は俺の番だ!」 日向、そのいきだ!いけ! OPが終わり、西谷のルート。 「手のひら一枚…厚さ約2?

Ranking Ranking Ranking .

今の所、カゲロウプロジェクト・斉木楠雄のΨ難・D.Gray-man HALLOW・ヘタリア world starsの情報や感想などを上げています

苦しい もう止まってしまいたい そう思った瞬間からの 一歩. でも、本当のあなたはとても強引な人だわ そんなあなたのことが とても好きよ 足りなかった? じゃあ もう少しだか. ホーム アニメ ドラマ ランキング. コーチを見て動揺する部員たち。コーチの顔には見覚えがあり過ぎた。 田中「坂ノ下商店の兄ちゃんだよな?」 武田「彼は君たちの先輩で、あの鵜飼監督のお孫さんです」 部員「ええっ!!??

…… ……. Ameba.      ……       …  . … … .

桐生八は狢坂高校のエース

澤村「聞いたろ?あの音駒が来るんだ」 旭「!?」 澤村「まあ、俺たちからすれば音駒のことって昔話みたいな感じで聞いてたし、今の代の烏野と音駒に因縁があるわけじゃない。でも、よく話に聞いてたあのネコと今俺たちが数年ぶりの再戦てなるとテンション上るよな。名勝負!ネコvsカラス!ゴミ捨て場の決戦!」 旭「…けど、俺はスガにも西谷にも合わせる顔がない」. OPが終わり、西谷のルート。 「手のひら一枚…厚さ約2? でも、本当のあなたはとても強引な人だわ そんなあなたのことが とても好きよ 足りなかった? じゃあ もう少しだか. いつかやったか聞かれた事があった 「自分はレギュラーではなく後輩には天才がいて辛いと思ったことはないですか」 そもそも天才の定義が分からんけど聞かれてる意味は分かった 「侑達のようなやつ」について 「理由なく最初から優秀」なんやと思とるやつがたまにおる 俺が毎日1〜10やっとるところを侑みたいな連中は1〜20やっとんねん 或いは効率的な10密度の高い10ほんでたまに 「1〜10やなくA〜Zやってみたらどんなやろ?おもしろいちゃうか?」 って考えたりする奴らやねん それで失敗しても時に他人に嫌われても 疎まれても 正しくても正しくなくても 俺らやったら大事にするナニカを.

バチンッ! すんませんっした! 俺!今トス呼ばなかった! 一瞬ビビったんだ、ちきしょう! 後悔は試合が終わってからくそほどする! たいして取り柄もない俺が!てめぇのミスで勝手にへこんで足引っ張ってちゃあ、どうしようもねぇ! 次は決めますっ!!. 西谷 俺の仕事はただひたすら繋ぐこと…空はスパイカーの領域で俺はそこで戦えないけど… ハッピーストリート 終了 森「そこのロン毛の兄ちゃん頼む!」 味方のレシーブが上がる。指名された旭が飛ぶ。ネットの向こう側には影山・月島・田中の三枚ブロックが待っている。 西谷 繋げば…繋いでさえいれば…きっとエースが決めてくれる 旭のスパイクは3枚ブロックに止められた。しかし、1カ月のブランクがあるとは思えないほど重いスパイクだった。.

  • 引用をストックしました ストック一覧を見る 閉じる.
  • スパイクが… スパイクが打てるのはトスがあがるから… トスがあがるのは、そこへ繋ぐレシーブがあるから… そのスパイクを打つのだって、俺だけじゃない。 みんながそれぞれの仕事をしていたのに、俺は… 「すがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!もう一本!!!」.
  • Burn Notice(バーン・ノーティス 元スパイの逆襲)名言.
  • バチンッ! すんませんっした! 俺!今トス呼ばなかった! 一瞬ビビったんだ、ちきしょう! 後悔は試合が終わってからくそほどする! たいして取り柄もない俺が!てめぇのミスで勝手にへこんで足引っ張ってちゃあ、どうしようもねぇ! 次は決めますっ!!.

… … … … ? ヴァンガード 夢幻の塔 … !. … …… …. ハイキュー エースへのトス … …. … … !!.

桐生八と木兎光太郎・牛若との関係

ほんの一瞬でもスピードを緩めれば、取り返せない遅れになる。 俺の身長でほんの少しジャンプの力を抜けば、高い壁に叩き落とされるっ! 走れ!走れ!! 跳べ!跳べ!! ここにいたければっ!. 打て、トスがあがるかぎり! 戻れ!すぐ戻れ! 十分な助走距離の確保、全力のジャンプを! 何回でも何回でも何回でもっ! 思考を止めるな! 足を止めるな! 気持ちを切らせば、ボールが落ちるぞっ! 艦これ 提督の名前. 体育館から聴こえた日向の声に思わず反応する旭。すると、突然後ろから声を掛けられた。 澤村「GW最終日に練習試合なんだ」 旭「ゲッ!!

なんか西谷 にしのや らしいなんて、思ってしまった。 「厳しいなぁ、西谷 にしのや 」 笑 本当だよ。それが西谷 にしのや なんだろうけどね。 「大地さん!」 凄く嬉しそうだ田中先輩。仲直りが出来たもんね。 「うん! でも、ベテランの町内会組に加えて、   旭 あさひ も復活となると、いよいよ俺たちが厳しいぞ」 そうだねぇ。旭 あさひ さんのスパイクを止められなきゃ、どうにもならんもんね。 「何言ってんすか、大地さん!こっちにも俺が」 田中先輩を遮るように、 「こっちにも俺がいますよ!」 日向が言う。 いや、あの日向、先輩の言葉を遮っちゃダメな気が……。 「え? 何」 日向と影山 名言 笑 澤村さん。 「日向!!被ってんじゃねぇよ!   せっかくの俺のかっこいいセリフがぐだぐだだよ。バカヤロー!」 あはは…やっぱり、怒られた。でも、自分でかっこいいセリフって言うのもどうかと。 「いやー凄い!西谷 にしのや くんのレシーブも、  ブロックされたボールが拾えるなら、怖いもの無しですね!」 武田先生って、西谷のレシーブを見たことあるんだよね。.

…… ……. Burn Notice. [ ] !.

その他の: