月 ユエ

/ 03.10.2021 / Kishi

最終的に食糧と引き換えにミーユエを秦に返すことで合意する。秦に到着後すぐに黄歇の遺体の捜索に向かうミーユエだったが、崖の下で彼の香袋を見つけ打ちひしがれる。 二人で約束した諸国を巡る旅に出ようと準備するミーユエの元に張儀が現れ、羋姝を狙う者こそが黄歇の死の元凶であると説く。ミーユエは羋姝を守るため、そして黄歇の敵討ちをするため秦の王宮に留まることにする。. ミーユエは威后の魔の手から逃れるため、羋姝の侍妾として秦に同行することを決める。威后はこれに反対するものの、羋姝に押し切られ、最後にはミーユエの同行を許す。 ミーユエは弟の魏冉と侍女の葵姑も秦へ同行させることにする。威后は、腹心の玳瑁を羋姝に付き添わせ、いざとなればミーユエを始末するよう命じる。. ミーユエら侍妾を集めた羋姝は、魏長使の遺児を引き取る意向を明らかにする。 四方館へやってきた黄歇は、お忍びで来ていたミーユエの姿を見かけ駆け寄るが、居合わせた張儀に諭され接触を断念する。 大王が魏討伐を画策していることを知った魏夫人は、華公子に魏討伐の先陣を切らせてほしいという旨の上奏文をしたためる。.

羋姝は大王に進言し、蕩の太子擁立が確実だと周知させるため、蕩と稷を一緒に学ばせる。張儀が韓討伐を、司馬錯が蜀討伐を主張する中、大王はそれぞれの上奏文を蕩と稷に読ませ、 韓と蜀のどちらを討つべきか意見を発表させる。蕩が稷に論破されてしまい、羋姝の焦りを察したユエは、稷を王位継承争いに巻き込まないよう大王に願い出るが、叱責を受ける。四方館での賭けに参加した蕩は、 羋姝の教えどおり多数派の韓討伐に札を投じるが、稷は皆の知る策を取れば敵に見破られると蜀討伐に投じる。稷の選択が自分の考えによるものと知った大王は、その並外れた才覚を感じ取る。.

エレりん 羋茵はミーユエを亡き者にしようと、食事に毒を盛り始める。体に毒が回り弱っていくミーユエだが、魏美人の助けで命は取り留める。 楚王が魏美人に夢中で、南后は心身ともに不調に陥るが、 張儀から解決策をもらう。魏美人に接近し信頼を得た南后は、魏美人の鼻が曲がっていると信じ込ませ、楚王の前では扇や袖を使った媚態で鼻を隠すようにと教える。. ユエの体の蠱を別の体に移すため、義渠の男たちの中から義渠君が選ばれる。無事に回復したユエは、白起から義渠君が身代わりになったと聞き、慌てて義渠君のもとへ行く。 生死の境をさまよう義渠君は、ユエが自分の女になると聞くと最後の力をふりしぼり一命を取り留める。.

稷の即位と共にユエは摂政となり、太后の尊号で呼ばれることになる。しかし、いまだ公子らによる内乱は続き、函谷関外に兵を駐屯させる各国は秦の混乱に乗じて侵攻をもくろんでいる。 羋姝は華と手を組み、華の本拠地である雍に身を移す。羋姝は華に王位を約束し、守旧派の支持獲得を狙い旧制度の復活を宣言する。華は羋姝から命を受け他の公子らと咸陽討伐に向かう。 ユエは義渠の兵や白起らにこれを迎え撃たせると同時に、各国の使者を呼んで交渉を試みることにする。.

それは秦王に偽の公主を会わせ身を引かせるというものだった。羋姝とミーユエは、市場での恩人が秦王嬴駟だと知り驚く。秦王は一目で公主の替え玉を見抜くが婚姻を申し込み、楚王は承諾する。 羋姝から誤解を解くよう頼まれたミーユエは、黄歇と張儀を伴って秦王の元を訪れ真実を話す。張儀は自分の弁舌で羋姝との結婚を成就させてみせると秦王に約束する。. 第26回~第33回 視聴期間 14日 映像数 8本. 過去のラインアップ 最終話 第80話 第79話 第78話 第77話 第76話 第75話 第74話 第73話 第72話 第71話 第70話 第69話 第68話 第67話 第66話 第65話 第64話 第63話 第62話 第61話 第60話 第59話 第58話 第57話 第56話 第55話 第54話 第53話 第52話 第51話 第50話 第49話 第48話 第47話 第46話 第45話 第44話 第43話 第42話 第41話 第40話 第39話 第38話 第37話 第36話 始末書 手書き 第34話 第33話 第32話 第31話 第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話.

33 .

  • 魏冉を救出後、ミーユエは大王にお礼をするため寝殿に赴くが、ミーユエの心を知る大王は別々の寝床で眠る。翌朝、ミーユエが輿に乗って帰ったことで後宮中の噂に。ミーユエは羋姝に事情を話し、 床を共にしていないと伝え、大王との仲をとりなす。 魏夫人は公孫衍に貸した符節が戻らないことに焦りを募らせていた。一方で公孫衍は、義渠から大量の食糧との交換条件を提示され、符節を取り戻せないでいた。 ミーユエは大王と司馬錯からの提案で魏冉を入隊させることに。大王はミーユエに天下制覇の志を語り、手を貸してほしいと頼む。.
  • 王族の定めだと諭されてしまう。孟嬴は結婚を受け入れ、ミーユエに出宮符を授け燕王に嫁ぐ。 同じ頃、咸陽の街中で庸芮と知り合った黄歇は、黄欠と名を偽り庸芮宅に居候することになる。 黄歇はミーユエが秦王の妃となったことを聞かされ驚くのだった。. ある日、五婆という仲買人から書写を依頼されたユエは、手付けとして炭や食料を受け取る。駅丞の趙臣からこれを聞いた羋茵は、ユエたちを駅館から追い出すことにする。 一方、秦では秦王の横暴さに我慢の限界を迎えた司馬錯が、魏冉と共に朝廷を去る。 書写の話が急に白紙になり、さらに趙臣に駅館からの退去を迫られ失意に暮れるユエだが、五婆が次に住む家を紹介する。.

ミーユエと羋戎は葵姑と共に宮中に戻ったが、ミーユエは威后から石段磨きなどの労働を命じられ、下働きのように暮らす。ミーユエを妹としてかわいがる羋姝は、威后の目を盗んではミーユエを誘い出す。 宮中の学問比べで実力を見せつけた黄歇の姿に心を奪われた羋茵は、彼に近づこうとするも相手にされない。 葵姑の眼病に効く黄蓮を求めて、ミーユエは黄歇と共に南后の庭に忍び込むが、黄歇が捕らえられてしまう。 自首したミーユエを威后は厳しく罰しようとするが、反感を持つ南后は自分の庭であることを主張し2人を無罪放免とする。.

明蘭~才媛の春~ 毎週火~土曜日 あさ4時00分 盛家の娘・明蘭は母親の身分が低かったことから、父親から愛情を得られず、盛家の正妻や姉妹たちにも虐げられて育った。亡き母の教えを守り、自分の才気を隠して耐え忍び成長した明蘭は、やがて子供の 反乱派の軍では蒙驁に説得され逃げ出す兵士が続出し、形勢不利と見た甘茂は魏に逃亡する。ほどなく雍は咸陽の王軍に落とされ、華と羋姝は生け捕りとなる。 謀反を起こした公子らを斬首の刑に処し後の見せしめとすべきだと考えるユエに対し、樗里疾は猛反対し辞職すると宣言する。.

蕩と太子位を争う公子の排除が目的だと気がついた魏夫人は、華を咸陽にとどめ太子候補とするため、美貌の姪、魏頤を呼び寄せ大王を籠絡させることにする。 平穏を願うユエは、稷に巴蜀を封じてもらい、自分も同行する旨を大王に願い出るが、大王はユエに失望と怒りを覚え、それをはねつける。. 第4回 自由な日々 きょきの犠牲によりミーユエとびじゅうは殉葬を免れるが、威后から陵墓を守る命を受け侍女の葵姑と共に郊外へと追い払われる。それでも女医の摯や黄歇に助けられ、自由を謳歌しながら多くの学びを得るミーユエ。数年後、先王供養の祭礼のため王族一同が陵墓を訪れた際、毒草でかぶれた王后、鄭袖をミーユエが手当てをし、楚の公主だと明かす。さらにミーユエはびしゅとの再会も果たす。楚王は、屈原と鄭袖の進言によりミーユエたちを王宮に戻すことを決定する。.

  • 第10回~第17回 視聴期間 14日 映像数 8本.
  • 第58回~第65回 視聴期間 14日 映像数 8本. 大王に叱責され倒れた羋姝だが、病ではなく懐妊だった。 早産ながら無事に男児を出産した樊少使を見舞ったミーユエは、足を踏み外したのは事故ではなく何者かの悪意であることを感じ取る。 楚から戻った張儀は、斉楚の同盟解消の見返りに六百里の地の割譲を約束したと報告する。里の土地と勘違いした大王は舌切りの刑を命じるが、ミーユエが誤解を解く。 張儀が交渉を成立させたことで公孫衍との確執は深まる。割譲の件でだまされたと知った楚王は憤慨し、武関に兵を進める。魏夫人はこの機に息子の華公子を活躍させ、秦王の信頼を勝ち取ろうともくろむ。.

侍医を唆してユエに毒を盛った罪で、玳瑁はさらし首の刑を言い渡される。羋姝は大王にとりなすようユエに頼むものの断られ、ユエへの敵意を募らせる。 大王はユエの子を五穀豊穣の意を持つ稷と名付ける。ユエは大王に、玳瑁の件で羋姝を罪に問わないでほしいと願い出ると、大王はこれを承諾する。. 頑なに遺詔を渡さない嬴夫人に対し、羋姝は離宮に火を放ち焼き尽くす。樗里疾らの元へ急ぐユエと庸芮だが、魏夫人の兵に出くわしユエは連れ去られてしまう。 魏夫人と武王后は拠点の萯陽宮にユエを住まわせ、遺詔の存在を聞き出そうとする。しらを切り通すユエを脅そうと、2人は蠱毒を操る草鬼婆から蠱とその解毒薬を手に入れる。 食事に毒を盛られたユエが痛みと怒りで暴れた拍子に解毒薬が水の中に落ち、その効果が失われてしまう。. 秦 ・ 昭襄王 の生母、 宣太后 の生涯をモチーフに描いた一代記。蒋勝男の同名小説のドラマ化。.

"" "". 13 ….

第11回 命の恩人 楚王の体臭を嫌って魏美人が鼻を隠しているという南后の妄言を信じた楚王は、魏美人を鼻そぎの刑に処す。ミーユエの幽閉場所を知った黄歇は救出に向かう。同じくして駆けつけたびしゅの助けも得て命を取り留めたミーユエは、黄歇と生涯添い遂げることを誓う。秦王はびしゅとの縁談をまとめるため再び楚を訪れるが、その目的は合従の阻止と楚との同盟で、張儀に助言を求める。魏夫人の件で魏と楚の関係は悪化、6国の合従には暗雲が立ち込めていた。. 魏夫人と武王后は拠点の萯陽宮にユエを住まわせ、遺詔の存在を聞き出そうとする。しらを切り通すユエを脅そうと、2人は蠱毒を操る草鬼婆から蠱とその解毒薬を手に入れる。 食事に毒を盛られたユエが痛みと怒りで暴れた拍子に解毒薬が水の中に落ち、その効果が失われてしまう。.

蠱毒に苦しむユエを、穆辛が訪ねる。ユエは穆辛に簪を渡し、庸芮と魏冉の他、虎威に教えてもらった咸陽の毛皮商を訪ねて救いを求めるよう伝える。知らせを聞いた義渠君はユエを救出し、草原へと連れて帰る。 ユエの体の蠱を別の体に移すため、義渠の男たちの中から義渠君が選ばれる。無事に回復したユエは、白起から義渠君が身代わりになったと聞き、慌てて義渠君のもとへ行く。 生死の境をさまよう義渠君は、ユエが自分の女になると聞くと最後の力をふりしぼり一命を取り留める。.

  • 羋茵はミーユエを亡き者にしようと、食事に毒を盛り始める。体に毒が回り弱っていくミーユエだが、魏美人の助けで命は取り留める。 楚王が魏美人に夢中で、南后は心身ともに不調に陥るが、 張儀から解決策をもらう。魏美人に接近し信頼を得た南后は、魏美人の鼻が曲がっていると信じ込ませ、楚王の前では扇や袖を使った媚態で鼻を隠すようにと教える。.
  • 道中、現れた魏冉は一行を趙の国境まで送り届け、ユエに別れを告げる。もう1つの遺詔を求め嬴夫人のもとに押しかけた羋姝だが、駆けつけた樗里疾と庸芮に制止される。 ユエ一行は趙に入り、義渠君とその手下に遭遇する。義渠君はユエに、共に義渠の草原に帰ろうと提案する。.
  • 楚から戻った張儀は、斉楚の同盟解消の見返りに六百里の地の割譲を約束したと報告する。里の土地と勘違いした大王は舌切りの刑を命じるが、ミーユエが誤解を解く。 張儀が交渉を成立させたことで公孫衍との確執は深まる。割譲の件でだまされたと知った楚王は憤慨し、武関に兵を進める。魏夫人はこの機に息子の華公子を活躍させ、秦王の信頼を勝ち取ろうともくろむ。.
  • 韓と蜀のどちらを討つべきか意見を発表させる。蕩が稷に論破されてしまい、羋姝の焦りを察したユエは、稷を王位継承争いに巻き込まないよう大王に願い出るが、叱責を受ける。四方館での賭けに参加した蕩は、 羋姝の教えどおり多数派の韓討伐に札を投じるが、稷は皆の知る策を取れば敵に見破られると蜀討伐に投じる。稷の選択が自分の考えによるものと知った大王は、その並外れた才覚を感じ取る。.

115. 8 ….

羋茵はミーユエを亡き者にしようと、食事に毒を盛り始める。体に毒が回り弱っていくミーユエだが、魏美人の助けで命は取り留める。 楚王が魏美人に夢中で、南后は心身ともに不調に陥るが、 張儀から解決策をもらう。魏美人に接近し信頼を得た南后は、魏美人の鼻が曲がっていると信じ込ませ、楚王の前では扇や袖を使った媚態で鼻を隠すようにと教える。. ユエの懐妊を受け、大王が唐夫人の寝殿にユエを移らせることを知った羋姝は、椒房殿に住まわせることを進言。大王は承諾する。張儀から咸陽を去るよう諭され、さらにユエの懐妊を知り絶望した黄歇は、楚に帰る決心をする。 市場で黄歇と女医の摯が話しているのを目撃した玳瑁は、黄歇が庸芮の屋敷に居候中ということまで突き止める。羋姝に口止めされた玳瑁だが、ユエを快く思わない孟昭氏に漏らしてしまう。 その後、楚人の侍女から黄歇が生きていると聞いたユエは激しく動揺する。.

ユエと義渠君の関係を知った稷は激怒し、義渠君に斬りかかる。ユエが義渠君をなだめていると刺客の襲撃に遭い、矢を受けた義渠君は重傷を負う。刺客の黒幕が羋姝と華だと分かり、ユエは兵士を集めて訓戒を行う。 功績に必ず報いることを約束したユエに、兵士たちの士気は大いに高まり、刺客を手引きした蒙驁も罪を認め忠誠を誓う。甘茂は咸陽を去り、羋姝と華のいる雍に移る。 同じ頃、ユエは華に帰順を説得させるため、魏夫人を雍へ送り込む。.

その他の: